シュ・ミゼラブル

趣味多すぎてパンク。雑な感想、メモ

新演出版ミュージカル『マリー・アントワネット(MA)』感想メモ①革命等

新演出版ミュージカル『マリー・アントワネット(MA)』感想メモ①

革命等について中心になってしまった

※ネタバレあり
脚本・歌詞 ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲 シルヴェスター・リーヴァイ
演出 ロバート・ヨハンソン
遠藤周作原作「王妃マリー・アントワネット」より
翻訳・訳詞 竜 真知子

出演
花總まり 笹本玲奈(Wキャスト)
ソニン 昆 夏美(Wキャスト)
田代万里生※ 古川雄大(Wキャスト)
佐藤隆紀 原田優一(Wキャスト)

駒田 一/彩吹真央/坂元健児/彩乃かなみ
吉原光夫 ほか
※万里生さんは博多座、帝国劇場のみ

*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・

観劇日時
2019年1月6日(土)13:00~(花總・昆・原田)
2019年1月13日(土)13:00~(笹本・昆・原田)
@梅田芸術劇場 メインホール

*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・


コラ~~!クンツェ~~~~!!!

コラ~~!リーヴァイ~~~!!!

(敬称略)

↑観劇直後心の底から叫びたかった言葉。

良。曲はかっこいいし、想像以上に大河ドラマ。歴史のうねり。風呂敷広げてきれいにまとめる。前半上げて後半落とす。

一気に好きな作品にかけ上がっていったのだが………(心臓を押さえる絵文字)

クンツェ氏というか、演出のロバートヨハンソンさんが凄かったのか?わからん、専門的なことは(倒置法)。


前半があんなに華やかで、革命側に対しても「いけいけ~!」って応援しちゃう熱量だったのに、後半の残酷さ。

友人曰く、「親が働く学校で観劇会があり、これを観て体調悪くなった子がいた」らしいが、確かにキラキラを想像している人には衝撃的でトラウマになるかもしれない。クンツェ&リーヴァイ作品(特にエリザベートモーツァルト!)のことを知っている人は「やっぱり暗い」程度だと思うが。

メッセージ性も強くて、残った気持ちを噛みしめたくなる。そんな舞台を年始から観てしまった。


旧演出は観たことがなく、レポとか記録で拝見した知識しか知りえないのでこれに関してはなんとも言えない。

 

 

セット

「か、金~!株式会社東宝さんの予算~!」って心のなかで叫んでしまった(心のなかで叫びがち)。

白を基調としたロココ調の飾りで縁取られた舞台は、ヴェルサイユ宮殿を彷彿とさせる。

首飾り事件作戦?の「夏の夜の舞踏会」は、夜の庭に小さいオレンジ色の球体が宙に浮いていて幻想的。うまく説明できずもやもやするが、とにかく綺麗。

王妃が作った夢の国の、『不自然な自然』を感じるファンタジーさはジオラマの世界のよう。

後半はうってかわって殺風景で、血の臭いがしそう。最後に浮かび上がるギロチンは不気味で、まるでロバート・ヨハンソンさんから我々に落とされたような気分に…。

鬼畜

理性を失い始めるチーム革命

MAは““革命””を美学や正義だけで描かず、残忍な部分も描いていたのが印象的だった。

エネルギーを感じるので、フランス革命ものでも、時代が少し後のレミゼラブルでも気持ちが革命側に傾倒しがちなのだが、今回は少し違った。

情報に操作され、エスカレートしていく市民たち…。王族側に同情することもないが、革命側にも「やりすぎや…もうやめよう…」と思ってしまった。理性を失い始めるチーム革命。

確かに彼らはこれまで貧しい環境の中苦しみ、心を殺されてきたのかもしれない。こうするしか、なかったんだろう、できなかったのだろう…でも……と苦しくなります。

その狭間でマルグリットちゃんはもがいて終わる。


「自由!平等!博愛!」と唱うチーム革命だが、オルレアン公が王家の監視役としてマルグリットを推薦した時にジャコバン派に女はいらない!(意訳)」とか、

王妃を裁判にかける時にも「外国人だから~…」とか、偏見や差別で判断してしまっているのもいけない。苦しかった。

無知とは

革命裁判のシーン。

王妃が「わたくしの罪は、プライドと無知、そして人を信じすぎたこと…」という。
確かに世間知らずで、王妃は無知だったかもしれないが、王妃だけが無知だったわけではないと思うから苦しい。
与えられた情報を元に市民は『“知”を得たつもりで』騒ぎ立て、革命裁判でも王妃を嘲笑するが、結局彼らが信じているのは『エベールたちが“作った”都合のよい情報』。操られているだけで、これもつまり無知なんですね…。

彼らは真実を知る手段を与えられない被害者だとも言えるし、ただただ受身でいてもいけないという、『自ら知ろうとする重要性』を(我々に)突きつけているとも言える。


けど、理念だけでは大衆は動かないという現実。

マルグリットは(オルレアン公に利用されたものの)一応信念を持って市民を動かそうとしていた。しかし市民の女性たちは現実的で、理想や理念では動かない。興味も持たない。家庭や生活がありますもんね。

 

一方オルレアン公がカネをばら蒔いて賛同を呼びかけると彼女たちは腰をあげ始める。

このマルグリットのモヤモヤした気持ち、わかります。

マルグリットは「権利を得たい」という執着・信念を原動力としているイメージだが、オルレアン公はビジネス。扇動される人々はビジネスで釣られた人々なので、さっきの話に繋がっていくのですね。


一番苦しいシーン「洗脳して共和主義者に」

ルイ・シャルル……。

わたし基本親子ものに弱いのですが、このルイシャルルが母マリーと姉マリーテレーズから引き離される場面は苦しすぎて涙腺大崩壊。

ドアに捕まって泣き叫ぶルイシャルル…。後のことを思うと更に苦しい。

あのWikipediaは真偽不明のアレだが、あそこまでいかなくとも子供を引き離しコントロールすることの恐ろしさ。

ジャックエベール「洗脳して共和主義者にする」………おぞましい言葉。

洗脳は人格を一度殺すことだと思ってますので。

ルイシャルルやマリーテレーズを演じる子役ちゃんもかわいらしくて上手なので、一層辛い。


ポスターあんなに華やかなのにえぐすぎませんか?

革命描写の話?だけでこんなに思うことがあって、長くなってしまった。

まだ思ったことがあるし、わたしの心が成仏しないので、一旦ここで切って改めます。

 

キャラクター等についてはこちら

tomoshka.hateblo.jp

f:id:tomoshka:20190127191503j:plain