シュ・ミゼラブル

趣味多すぎてパンク。雑な感想、メモ

三浦大知さんのシングル盤『I'm Here』を入手して幸せ

今の三浦大知さんの音楽を知ることができる、強すぎる最新シングル盤『I'm Here』

I'm Here(CD+Blu-ray Disc)

I'm Here(CD+Blu-ray Disc)

これがシングル盤って…冗談も大概にしてほしいんですけど。ミニアルバムの間違いでは?
フラゲ日の2020年1月14日、「三浦さんの新曲~♪『COLORLESS』も先に配信で聞いてるし、『I'm Here』もCDTVで聞いたし!いい曲やんな~!ま、MV楽しみ!」という軽いノリで再生したわたし。数分後――

合掌(PCの前で念仏を唱えないでください)。

このCDには
1.I’m Here
2.Nothing is all
3.COLORLESS
の三曲が収録されているのだが、完全にいい。どの曲も最高。どの曲も完全に最高。
どんなブログや感想を読んでも、個人的に響いた部分を残さないと気が済まない気持ちでいっぱいなので、ここに記さんとす(唐突の土佐日記テイスト)。

ちなみにわたしはライターでもなければ音楽通でも専門家でもないので、ただただ主観の「好きなところ」を述べているだけです。詳しい解説は音楽ライターの白原ケンイチさんという方がしていらっしゃいます。分かりやすくて心地よい記事でこちらはとても好き。(最後にリンクを貼っておきます。)

  • 1.シングル盤って一体?誰かが決めたライン
  • 2.悟りと寄り添いの『I'm Here』
    • 「I'm Here」
    • s**t kingzとのMV
  • 3.湿度が高めの『Nothing is All』
    • 「Nothing is All」
  • 4.独自路線を宣言する『COLORLESS』
    • 「COLORLESS」
    • FNS歌謡祭のパフォーマンスは伝説になった
    • ダンスが立体曼荼羅
  • 5.おわり
    • おまけ
続きを読む

2019年に観たもの(舞台・ライブ)

2019年はジャンル問わずいろんなものを観ることができた。

日常生活上の一年は短く感じたけど、『MA』『エリザベート』のリーヴァイ&クンツェからテニミュ、宝塚、劇団四季、そしてライブなど、観たステージを思い返すと密度が濃く同じ一年の話ではないような気がする。

個別に記事を書いていない分はキモチしっかりめに記録しています。

続きを読む

三浦大知の哲学をアリーナで浴びた『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2019-2020 “COLORLESS”』★ネタバレ有

★ネタバレあり
*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・

 参加日時

2019年10月23日(水)、24日(木)18:30〜@大阪城ホール

f:id:tomoshka:20191106003120j:plain

*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・
「これは一体何。大知は生きていた」
ライブ終了直後、脳から直接発せられた。
もう、すごい。もう、すごい。なんていうか……すごい。言葉と思考を失うくらいすごい!とにかく人類全員ライブ観て。すごい。やばい。三浦大知さんすごい。人間すごい(?)。以上です。
………というわけにもいかぬので、どうにか文章にしてみんとてするなり…(土佐日記
 
ちなみに、まだ三浦大知さんのライブに行ったことがない人にも読んでほしくて書いたので、""レポ""ではないかも。そしてめっちゃネタバレです。
途中長くなっているので、適当に読み飛ばしてください。
  • セットの圧
  • 三浦大知さんの大暴れパーティー自己啓発セミナーなセトリ
    • COLORLESS――オープニング
    • クールなのか!?ホットなのか!?な前半
    • バラードコーナー
    • 怒涛の後半
    • 美しいクライマックスとアンコール
    • まとめ
  • DMバンド
  • 歌わなかったら普通の人
  • 三浦大知の哲学を浴びた

 

さてみなさん。 

tomoshka.hateblo.jp

 これ、拙すぎて読み返したくもないんですけど。

今年3月ーー初めて三浦さんのライブにお伺いし(謙譲語)、歌声から放たれるパワーとダンスの華麗さ、ステージの美しさに圧倒されたという話。
あれから当該公演が収録されたBlu-rayは勿論購入し、何度も観た。楽曲も聞きまくったし挙げ句、住民登録(大知識入会)してしまった。
そうなんですよ。まだ7ヶ月…。妊娠から出産までの期間より短い。やばいですよね。でも、明らかにポジティブさを手に入れることができた。
 
そんなこんなで一緒に遊びましょうと言われたし


COLORLESSツアーにもお伺いすることにした。

三浦大知さん、カバーアルバム出してほしい

三浦大知さんのカバーがすき。
原曲が改めていい曲なんだと気付かされるし、アレンジもとにかくオシャレ。女性シンガーの曲を歌わせたらめちゃくちゃ色っぽくなる。なんななや!

すべりだい

すべりだい

 

 元来椎名林檎が好きで、原曲を聞き倒してたので、このカバーを聞いたとき「何てことをしてくれたんや」と思った。耳から入るお風呂?イヤホンで聞いたら「イヤホンから温泉出てる?」ったなる。うまく表現できないが

www.kansou-blog.jp

私の100億倍語彙力のあるこの方(いつも面白い)が説明してたのでご参考。

かと思えば 

決戦は金曜日

決戦は金曜日

 

 こういう。
2018-2019のONE END TOURで披露した星野源の『アイデア』も最高だったし。
この人は歌うだけで「世の中にはたくさん素敵な歌があるんですよ~♪」っていうプレゼンになる。ずるいな。

絢香さんのカバーアルバムも素敵だったので、そのうち三浦大知さんも出してほしいし、よくテレビとかでカバー披露してるし、勝手にカバーアルバム出すこと前提で収録してほしい歌(結果的に自分が好きな歌)を挙げることにした。

open.spotify.com

(※以下*はサブスク未解禁のため、カバーがあるものは良いカバーを代わりに登録)

 

続きを読む

三浦大知のyeahが好きなのでプレイリスト作った

3月に初めて三浦大知さんのライブを生で浴びて、一層興味が深まり今はほぼ毎日聞いてる。 

tomoshka.hateblo.jp

色々聞いてるなかで名曲だと思うものとかも色々あるが、三浦大知さんのyeah好きだな~とふと思ったので、三浦大知さんの多種多様なyeahが聞けるプレイリスト作った。ついでに適当な解説もつけた。

open.spotify.com

  • 『Supa Dupa Paper Plane』
  • 『Right Now』
  • 『Delete My Memories』
  • 『Damn』
  • 『Word!』
  • 『Inside Your Head』
  • 『Crazy』
  • 『Black Hole』
  • 『Your Love feat.KREVA
  • 『Touch me』
  •  
  • 『Wanna Give It To You』
  • 『MAKE US DO』
  • 『Breathless』
  • 『Chocolate』
  • 『Elevater』

 

続きを読む

清水音泉でyeah「KSR for OSAKA~清水音泉ぶっとばされる?」

☆書きかけで放置していた間に『OTODAMA'18-'19~音泉魂~』の開催が発表されていた!!おめでとうありがとう!
という事で責任もって放置していた分を無理矢理書き終わらせたが、グダグタで中身がないものに仕上がった

【出演】
サンボマスター/レキシ/キュウソネコカミ
*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・
公演日時
2019年4月9日(土)17:00~
@ZeppOsaka bayside
*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・
清水音泉さんが大変らしいので開催されたライブ。

昨年の晩夏、音泉魂'18の中止はわたしも泣きましたよ。音泉魂(以下オトダマ)自体が楽しみだったし、出演者もレキシ、Suchmosスカパラ、OKAMOTO'S、CHAI…など…など…
うわ観たいんですけど。改めて未練、台風憎し。

水害・土砂崩れ等に縁がない土地で暮らしていたため、台風は「規模によっては甚大な被害をもたらす災害ではあるが、ついでに学校を休みにしてくれちゃう」くらいの存在だった。
その認識は間違いであったと去年知る。
帰宅難民になり、翌日帰宅しても停電で真っ暗。
そして…泉大津フェニックスのオトダマステージを破壊。
許さねぇ台風!…何号だったか忘れたが。
「台風来るけど、オトダマとは被ってない!ヨッシャ~!」って思ってたのに、(ラッシュボールでも数週間前に見た)オトダマのステージらしきものが破壊されてる姿がニュース映像に写り込んでいた。許さねぇ台風!…

我々は悲嘆に暮れたが、主催者である清水音泉さんはそれ以上に落胆したことでしょう。後日グッズを注文して、そこに同封されていたパンフレットを見ても、特に今年は例年とはちょっとテイストの違うオシャレなコンセプトだったようで、力が入っていたのだと思料した。

清水音泉(しみずおんせん)さんとはライブプロモーションをする会社で、同じくプロモーターであるサウンドクリエイターから独立してできた小さな会社である。野外フェス『OTODAMA~音泉魂~』の主催などもしている。
主に関西中心のライブ運営をしていて、関西のラジオ(主にFM802)を聞いているとよくこの名前を聞くと思う。
個性的な会社で、公式サイトも面白い。
www.shimizuonsen.com
今回のMCをしていたFM802のDJ中島ヒロトさんが過去にブログで清水音泉さんを説明していた記事もあった。
news.yahoo.co.jp

そんなこんなで、大変だった(っぽい)清水音泉さん救済のためにキュウソネコカミ(K)、サンボマスター(S)、レキシ(R)が立ち上がり行われたライブイベントがKSR for OSAKAである。
発表されてすぐ同行者に連絡し、チケットを申 し込んだ。ちなみに先行だけで完売して一般はなかったのでラッキーだった。

ライブ中は結構嫌なこととか腹立つこととかあったが。
ライブハウスとかフェスってだいたい体と精神の殴りあいがあるが、今回はまあまあやばかった、が、それはおいといて………

続きを読む

三浦大知を浴びた衝撃『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2018-2019 ONE END』

『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2018-2019 ONE END』感想

※ネタバレあり

*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・

参加日時
2019年3月13日(水)18:30~★ツアー最終日

大阪城ホール

f:id:tomoshka:20190314213801j:plain

*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・

「スゴ・・・ヤバい・・・芸術なのですが・・・」

この言葉しか出てこなかった。

三浦大知さんの「色んな感情を歌やダンスで表現する力」を浴びた後に実感する、この自分の語彙力と表現力のなさ。泣いたね。

何がどう凄いかは他のブロガーさんやレポートが残してくれてるので、それを読んでください。


きっかけはWOWOWで放送されていたBEST HIT TOURと(RE)PLAYツアーで、「これスッゴイけど、生で見たらどうなるんだろう・・・?」という好奇心からチケットを入手したのだった。

曲は有名どころ(『EXCITE』とか『(RE)PLAY』とか最近のものとか)は気に入ってよく聞いていたが、あくまでニワカミーハーだったわたしなので「こんなわたしが行ってもいいのか・・・?怒られないか(誰に?)?」と若干ビビッていた。

結論は行ってよすぎた。むしろ「ちょっと知ってるけど~」とか「なんかちょっと興味あるんだけど~」って人は絶対行ったほうがいい。最高なので。

  • 『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2018-2019 ONE END』感想
  • 音楽の擬人化、ジャンルそのもの
  •  かっこよすぎる演出
  •  
  • とにかく謙虚。
  • 星野源の『アイデア』カバー
  • おまけ、セットリスト
    •  レポとか

 

続きを読む