シュ・ミゼラブル

趣味多すぎてパンク。雑な感想、メモ

プロ侍、山本耕史がニートから侍になる話『愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」』

愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」感想

※ネタバレあり

原作・演出:たいらのまさピコ(河原雅彦)

上演台本:たいらのまさピコ(河原雅彦)・大堀光威

音楽:レキシ/音楽監督:ヒロ出島(山口寛雄

振付:梅棒

【出演】

山本耕史 松岡茉優 佐藤流司 高田聖子 井上小百合(乃木坂46)

前田悟 浦嶋りんこ 山本亨 藤井隆八嶋智人

梅澤裕介 遠山晶司 楢木和也 野田裕貴/巽徳子 YOU 碓井菜央 佐久間夕貴 五十嵐結也 永井直也/カイル・カード サラ・マクドナルド

*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・

観劇日時

2019年3月31日(土)13:00~ @オリックス劇場(大阪)

*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・

 

NHK時代劇枠御用達俳優であるプロ侍、山本耕史ニートから侍になる話。

それが愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』である。 www.rekitheater.jp

当初「あのレキシの名曲たちがミュージカルになる!」というニュースを目にした時「いやいやまた舞台化かい~何でもかんでも最近は舞台にミュージカルにって…ってレキシ?あのレキシ?(レキシの表情の絵文字)」と混乱したことを覚えている。

ただ、大阪公演の期間は年度末なのでなんとなく(ただとにかくなんとなく)バタバタしている時期に感じ、「どうする…念願の山本耕史も観れるが…見送るかもしれない…レキシが出る訳じゃないしな…。てか本家のライブ行くし(マウント)?御免!」と一時見送っていた事実をここに公表し、謝罪いたします。

 

2月。(BGM♪ほら貝の音)

大阪城ホールのアリーナにいた。去年の夏から楽しみに待ちわびていた『レキシ TOUR 2018 まんま日本ムキシばなし』ファイナル公演である。

無論大盛り上がりでわたしも大暴れした。

そこにゲスト兼レキシアターの宣伝で八嶋智人さん(レキシネーム劇団シキブ)が登場、華麗なダンスと八嶋節を披露していた。

「やっぱりレキシの歌サイコー!レキシアター一時見送ってごめん!行きます!!(稲を振りながら)」と観に行くに至ったのだった。

 

ちなみにこの感想、「なんだかよくわからないけど、とりあえず楽しかったのかな」ってことくらいしかわからないです。少なくとも自分で見返してそういう気持ちになった。

あらすじに関してはうまく説明できないので、なんか適当に検索して見つけてください。

 

  • まさかのお葬式オープニング
  • NHK御用達侍がニートから侍になる話
  • 実質ユニバ
  • 山本耕史を褒めるコーナー 
  • 演出家の闇を感じる第二幕
  • レキシの楽曲、最高
    • 『参勤交代』
    • 『きらきら武士』
    • 『KMTR645』
  • キャスト
  • 締め?

 

続きを読む

三浦大知を浴びた衝撃『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2018-2019 ONE END』

『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2018-2019 ONE END』感想

※ネタバレあり

*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・

参加日時
2019年3月13日(水)18:30~★ツアー最終日

大阪城ホール

f:id:tomoshka:20190314213801j:plain

*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・

「スゴ・・・ヤバい・・・芸術なのですが・・・」

この言葉しか出てこなかった。

三浦大知さんの「色んな感情を歌やダンスで表現する力」を浴びた後に実感する、この自分の語彙力と表現力のなさ。泣いたね。

何がどう凄いかは他のブロガーさんやレポートが残してくれてるので、それを読んでください。


きっかけはWOWOWで放送されていたBEST HIT TOURと(RE)PLAYツアーで、「これスッゴイけど、生で見たらどうなるんだろう・・・?」という好奇心からチケットを入手したのだった。

曲は有名どころ(『EXCITE』とか『(RE)PLAY』とか最近のものとか)は気に入ってよく聞いていたが、あくまでニワカミーハーだったわたしなので「こんなわたしが行ってもいいのか・・・?怒られないか(誰に?)?」と若干ビビッていた。

結論は行ってよすぎた。むしろ「ちょっと知ってるけど~」とか「なんかちょっと興味あるんだけど~」って人は絶対行ったほうがいい。最高なので。

  • 『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2018-2019 ONE END』感想
  • 音楽の擬人化、ジャンルそのもの
  •  かっこよすぎる演出
  •  
  • とにかく謙虚。
  • 星野源の『アイデア』カバー
  • おまけ、セットリスト
    •  レポとか

 

続きを読む

宝塚歌劇星組 『霧深きエルベのほとり』/『ESTRELLAS~星たち~』 感想

宝塚歌劇星組 『霧深きエルベのほとり』/『ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~』 感想
※ネタバレあり
Once upon a time in Takarazuka
『霧深きエルベのほとり』
作:菊田 一夫 /潤色・演出:上田 久美子
スーパー・レビュー
『ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~』
作・演出:中村 暁

出演:宝塚星組 紅ゆずる 綺咲愛里 礼真琴 ほか
*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・
観劇日時
2019年1月26日(土)15:00~
@宝塚大劇場
*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・
ご忠告
わたしは宝塚に詳しくないド素人ですので、ド素人目線のくだらん感想、及び日記のようなものとなります。ご注意願います。

宝塚、楽し~~!!
f:id:tomoshka:20190129080025j:plain
久しぶりに宝塚大劇場へ行った。
宝塚はテレビ放送で少し観ていたが、実際の劇場での観劇は『ベルサイユのばら』『るろうに剣心』程度しかなかった。
宝塚への関心はあったので今までも『ポーの一族』や『エリザベート』辺りを観たいと思ったりもしたが、人気演目であることもあり、まあ当然ながら半端な気持ちではチケットが取れなかった。
今回は幸運にも入手ができたので、以前より「宝塚に行ってみたい」と言っていた母を連れての観劇に至った。

  • 『霧深きエルベのほとり』
  • 『ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~』
  • おまけ・七海ひろきさんのインタビュー記事
続きを読む

新演出版ミュージカル『マリー・アントワネット(MA)』感想メモ②キャラクター編

新演出版ミュージカル『マリー・アントワネット(MA)』 感想メモ キャラクター編

※ネタバレあり

f:id:tomoshka:20190127192631j:plain

脚本・歌詞 ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲 シルヴェスター・リーヴァイ
演出 ロバート・ヨハンソン
遠藤周作原作「王妃マリー・アントワネット」より
翻訳・訳詞 竜 真知子

出演
花總まり 笹本玲奈(Wキャスト)
ソニン 昆 夏美(Wキャスト)
田代万里生※ 古川雄大(Wキャスト)
佐藤隆紀 原田優一(Wキャスト)

駒田 一/彩吹真央/坂元健児/彩乃かなみ
吉原光夫 ほか
※万里生さんは博多座、帝国劇場のみ

*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・

観劇日時
2019年1月6日(土)13:00~(花總・昆・原田)
2019年1月13日(土)13:00~(笹本・昆・原田)
@梅田芸術劇場 メインホール

*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・

感想メモ①はこちら

tomoshka.hateblo.jp

 

Wキャストに関しては、色々手違いでマリー以外固定でしか観れなかったのは比較という点で少し残念。特にマルグリット、昆マルグリットは勿論素晴らしかったが、ソニンマルグリットはまた違ったアプローチだと思うので比較のために是非とも拝見したかったな。万里生さんは(たぶんラブネバーダイがあるから)そもそも大阪公演にはいらっしゃらず…。

  • マリーアントワネットについて
    • 花總さん
    • 笹本さん
  • マルグリットについて
    • 昆さん
  • フェルセン伯爵
    • 古川さん
  • オルレアン公
    • 吉原さん
  • ルイ16世
    • 原田さん
  • ランバル公爵夫人
    • 彩乃さん
  • レオナール&ローズ・ベルタン
    • 及び駒田さん&彩吹さん
  • ジャックエベール
    • 及びサカケンさん
  • そのほか
続きを読む

新演出版ミュージカル『マリー・アントワネット(MA)』感想メモ①革命等

新演出版ミュージカル『マリー・アントワネット(MA)』感想メモ①

革命等について中心になってしまった

※ネタバレあり
脚本・歌詞 ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲 シルヴェスター・リーヴァイ
演出 ロバート・ヨハンソン
遠藤周作原作「王妃マリー・アントワネット」より
翻訳・訳詞 竜 真知子

出演
花總まり 笹本玲奈(Wキャスト)
ソニン 昆 夏美(Wキャスト)
田代万里生※ 古川雄大(Wキャスト)
佐藤隆紀 原田優一(Wキャスト)

駒田 一/彩吹真央/坂元健児/彩乃かなみ
吉原光夫 ほか
※万里生さんは博多座、帝国劇場のみ

*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・

観劇日時
2019年1月6日(土)13:00~(花總・昆・原田)
2019年1月13日(土)13:00~(笹本・昆・原田)
@梅田芸術劇場 メインホール

*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・


コラ~~!クンツェ~~~~!!!

コラ~~!リーヴァイ~~~!!!

(敬称略)

↑観劇直後心の底から叫びたかった言葉。

良。曲はかっこいいし、想像以上に大河ドラマ。歴史のうねり。風呂敷広げてきれいにまとめる。前半上げて後半落とす。

一気に好きな作品にかけ上がっていったのだが………(心臓を押さえる絵文字)

クンツェ氏というか、演出のロバートヨハンソンさんが凄かったのか?わからん、専門的なことは(倒置法)。


前半があんなに華やかで、革命側に対しても「いけいけ~!」って応援しちゃう熱量だったのに、後半の残酷さ。

友人曰く、「親が働く学校で観劇会があり、これを観て体調悪くなった子がいた」らしいが、確かにキラキラを想像している人には衝撃的でトラウマになるかもしれない。クンツェ&リーヴァイ作品(特にエリザベートモーツァルト!)のことを知っている人は「やっぱり暗い」程度だと思うが。

メッセージ性も強くて、残った気持ちを噛みしめたくなる。そんな舞台を年始から観てしまった。


旧演出は観たことがなく、レポとか記録で拝見した知識しか知りえないのでこれに関してはなんとも言えない。

  • セット
  • 理性を失い始めるチーム革命
  • 無知とは
  • けど、理念だけでは大衆は動かないという現実。
  • 一番苦しいシーン「洗脳して共和主義者に」

 

続きを読む

2018年に観たもの

なんで今さら?なのだが、わたしも思っている。だから聞かないで下さい
正直言うと、『継続する力』が無さすぎる為途中で放置してしまい、20日以上のディレイが………
だからと言って投稿を止めてしまうとこの子達も成仏できないので、失礼致します。

 

f:id:tomoshka:20190127192000j:plain

続きを読む