シュ・ミゼラブル

趣味多すぎてパンク。雑な感想、メモ

三浦大知の哲学をアリーナで浴びた『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2019-2020 “COLORLESS”』★ネタバレ有

★ネタバレあり
*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・

 参加日時

2019年10月23日(水)、24日(木)18:30〜@大阪城ホール

f:id:tomoshka:20191106003120j:plain

*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・
「これは一体何。大知は生きていた」
ライブ終了直後、脳から直接発せられた。
もう、すごい。もう、すごい。なんていうか……すごい。言葉と思考を失うくらいすごい!とにかく人類全員ライブ観て。すごい。やばい。三浦大知さんすごい。人間すごい(?)。以上です。
………というわけにもいかぬので、どうにか文章にしてみんとてするなり…(土佐日記
 
ちなみに、まだ三浦大知さんのライブに行ったことがない人にも読んでほしくて書いたので、""レポ""ではないかも。そしてめっちゃネタバレです。
途中長くなっているので、適当に読み飛ばしてください。
  • セットの圧
  • 三浦大知さんの大暴れパーティー自己啓発セミナーなセトリ
    • COLORLESS――オープニング
    • クールなのか!?ホットなのか!?な前半
    • バラードコーナー
    • 怒涛の後半
    • 美しいクライマックスとアンコール
    • まとめ
  • DMバンド
  • 歌わなかったら普通の人
  • 三浦大知の哲学を浴びた

 

さてみなさん。 

tomoshka.hateblo.jp

 これ、拙すぎて読み返したくもないんですけど。

今年3月ーー初めて三浦さんのライブにお伺いし(謙譲語)、歌声から放たれるパワーとダンスの華麗さ、ステージの美しさに圧倒されたという話。
あれから当該公演が収録されたBlu-rayは勿論購入し、何度も観た。楽曲も聞きまくったし挙げ句、住民登録(大知識入会)してしまった。
そうなんですよ。まだ7ヶ月…。妊娠から出産までの期間より短い。やばいですよね。でも、明らかにポジティブさを手に入れることができた。
 
そんなこんなで一緒に遊びましょうと言われたし


COLORLESSツアーにもお伺いすることにした。

三浦大知さん、カバーアルバム出してほしい

三浦大知さんのカバーがすき。
原曲が改めていい曲なんだと気付かされるし、アレンジもとにかくオシャレ。女性シンガーの曲を歌わせたらめちゃくちゃ色っぽくなる。なんななや!

すべりだい

すべりだい

 

 元来椎名林檎が好きで、原曲を聞き倒してたので、このカバーを聞いたとき「何てことをしてくれたんや」と思った。耳から入るお風呂?イヤホンで聞いたら「イヤホンから温泉出てる?」ったなる。うまく表現できないが

www.kansou-blog.jp

私の100億倍語彙力のあるこの方(いつも面白い)が説明してたのでご参考。

かと思えば 

決戦は金曜日

決戦は金曜日

 

 こういう。
2018-2019のONE END TOURで披露した星野源の『アイデア』も最高だったし。
この人は歌うだけで「世の中にはたくさん素敵な歌があるんですよ~♪」っていうプレゼンになる。ずるいな。

絢香さんのカバーアルバムも素敵だったので、そのうち三浦大知さんも出してほしいし、よくテレビとかでカバー披露してるし、勝手にカバーアルバム出すこと前提で収録してほしい歌(結果的に自分が好きな歌)を挙げることにした。

open.spotify.com

(※以下*はサブスク未解禁のため、カバーがあるものは良いカバーを代わりに登録)

 

1.『雪の華』/中島美嘉


R&B色がある『Helpless Rain』とも迷った。
気だるく低く静かにAメロに入って、Bメロで堪えて、サビでは艶を含んだ歌声ですべてを解放…絶対良すぎる。アリよりのアリ。聞こえてくるもん、わたしの耳に、脳に、ダイレクトにCVダイチミウラ&アレンジUTAのHelpless Rainが。
でも『雪の華』を選んだのは、もう既に中島美嘉とのコラボしてる回を見て聴いて、絶対に最高であることを知ってしまったから。
優しい声にぴったりだし、一人称が「僕」なのが良い。
どうしてもソロのフルを聞きたい。満面の笑みで歌ってるのも見える。
とりあえずどっちでもいいからお願いします。
雪の華』をカバーしたら、次はアンサーソングの『ひとり』もそのうち歌ってほしい。

 

2.『旬』/椎名林檎


正式音源化して!はやく!
…かつてラジオでカバーしたという音源を拝聴したのだが、素晴らしすぎてうっとりする。まさに旬の極み。豊潤で芳醇。栄養価高すぎて耳が痛風になる。
先に挙げた『すべりだい』は切なさがあるけど、『旬』は脆さもありながら幸福感もある。
元から原曲も好きで何度もリピートして聞いてたけど、三浦版はまた違った煌めきがあるし、カバーした過去があるのが椎名林檎好きとして嬉しい。
なぜこの曲を選んでカバーしたのか経緯を知りたい。
未カバーの楽曲だと、『眩暈』も聞きたい。「アタシ」って歌うとこ聞きたいという好奇心もある。

 

3.『肌』/星野源 *

『アイデア』のライブ音源が今度リリースの円盤には収録されなくて、あの場で聞けたものは本当に貴重だったんだな。
ということで『アイデア』のカバーがめちゃくちゃによくて、音源化されないのはかなり残念だけど、『肌』みたいなしっとりゆったりした感じの星野源も合うと思うので。
アルバム『POP VIRUS』を聞いたとき、直感で「カバーしてほしい」って感じた。笑顔で歌ってる姿が目に浮かぶ。
カバーでもいいし星野源から楽曲提供してもらってもいいからお願いします。

 

4.『何度でも』/DREAMS COME TRUE

『優しいキスをして』で切ない感じもいいなとしばらく思ってたけど、『何度でも』で励ましてもらうのもいい。
「何度でもゥ!何度でもゥ!何度でもゥ!立ち上がり~呼ぶよ~~~!!」って大声で歌ってほしい。「あきらめないで、叫べェ~~~~~~~~~~!!」とかやばそう。
過去『ドリウタ』『わたしとドリカム』で収録された『未来予想図Ⅱ』も『決戦は金曜日』も原曲の良さを再認識できるようなカバー だった。楽曲提供してもらった『普通の今夜のことを』もドリカム感が残っていてよかった。ドリカムとは親和性があると思うのでま たカバーしてほしい。

 

5.『COLORS』 /宇多田ヒカル

『Can You Keep A Scret?』でもいいけど。ウタダでごりごりに踊ってほしい。
『COLORS』なのは、色んな色に出合って色を説明していくダイチミウラに興味があるし、そのMVを作ってほしいから(MVまで要求するモンスターカスタマー)。
Aメロでゆったりだと思ったらテンポよくなったりするところとか、Bメロはゆったりなのにサビでまたテンポがよくなるところとか、キレのいいダンスで決めてくれそう。

 

6.『涙そうそう』/夏川りみ

今年はじめの方のうたコンでも歌ってたけど、持ち歌では?と思うくらいなので。
そんなに説明しなくてもわかると思うので。

 

7.『Missing』/久保田利伸 *

久保田利伸絶対。
LA・LA・LA LOVE SONG』でもいいけど、わたしが好きだというのと、初期の楽曲(アルバム『Who's The Man』)にもあったような切ない感じが『Missing』にはあるので。

 

8.『木蘭の涙』/スターダスト・レビュー

色んなひとがカバーしてて、わたしは佐藤竹善木蓮の涙で育ったが(?)、最近は高畑充希さんバージョンも好きで聞いてる。
最強ヒーリングボイスでこれをカバーされたら子守唄みたいになりそう。

 

9.『風になりたい』/THE BOOM

合うに決まってるから。
高校生のころ、FM802主催のMEET THE WORLD BEAT 2009でTHE BOOMを初めて見た。夏の夕暮れに聞いたこの曲は、暑さを忘れるような心地よさがあったのが忘れられない。
だからこの曲をカバーして、野外で歌ってほしい。たぶん爽やかな風が吹くはずだから。

 

10.『接吻』/ORIGINAL LOVE

良すぎて耳からお湯が入ったみたいになるに決まってるから。
原曲は田島貴男氏のじっとりねっとりで湿度100%みたいな感じだが、ダイチミウラがカバーしたらしっとりになりそう。
想像するだけで最高なのがわかる。

 

11.『三日月』/絢香

絢香とコラボした曲もよかったし、伸びやかに歌えると思うから。
「そう ノーモアクラ~~~~~~~~イ」とかすごそう。

 

12.『恋しくて』/BEGIN

もしかしてもう歌ったことある?それくらい合うに決まってる。
ギターの弾き語りで歌ってくれそう(MVのみならず弾き語りまで要求するモンスターカスタマー)。

 

13.『始まりはいつも雨』/ASKA *

ASKAさんいろいろ大変だったけどこの曲が名曲であることは永久不変。
「は~じまりは、いつもあめ」の「あ~!め~!」って頷きながらこぶしを握っているのが思い浮かぶから。

 

bonus track
14.『Seasons of love』/RENT

 

『糸』/中島みゆきと、『I LOVE YOU』/尾崎豊はわざわざ想像しなくてももし実際にカバーアルバム作るなら入れてくれそうだからあえてここでは書かなかった。

オリジナルアルバムは勿論楽しみすぎるけど、落ち着いたらカバーアルバムお願いします。

open.spotify.com

 

未来予想図?

未来予想図?

 

 

 

tomoshka.hateblo.jp

tomoshka.hateblo.jp

 

youtu.be

三浦大知のyeahが好きなのでプレイリスト作った

3月に初めて三浦大知さんのライブを生で浴びて、一層興味が深まり今はほぼ毎日聞いてる。 

tomoshka.hateblo.jp

色々聞いてるなかで名曲だと思うものとかも色々あるが、三浦大知さんのyeah好きだな~とふと思ったので、三浦大知さんの多種多様なyeahが聞けるプレイリスト作った。ついでに適当な解説もつけた。

open.spotify.com

 

『Supa Dupa Paper Plane』


作詞P.O.S, Daichi Miura/作曲T-SK, MoonChild, BIG-F
アルバム『FEVER』収録。
イェア!オーェオー!!から始まり力強いイェア!、短めの軽めイェアも、しっかりしたイェーアもイェー!イェー!も聞ける。サビにかけてどんどんイェアイェアしていく

 

『Right Now』


作詞 michico/作曲 T.KURA&michico
キスダンキスダン
冒頭囁く声で「イェーア、ライナウ」
サビ前にイェー、2番ではイェェェアも聞ける
ゴリゴリのノリノリのアゲアゲだが、三浦大知さんの声が癒しなので疲れず聞ける

 

『Delete My Memories』

作詞・作曲 Nao'ymt
8thシングル。
冒頭で「ヒィエーア………カモーン………」息yeahが聞ける
サビ前「オーイエ」あり
自分を責める切ない歌詞と裏腹のスピード感あるメロディ…。

 

『Damn』


作詞・作曲 Nao'ymt
『Delete My Memories』のカップリング曲
「オーdamn,,,damn,,,イェーアイェーア」で始まる
ゆったりめの優しい「ヒイェーア」も聞けるし、「イイェェェーーア」も聞ける。隠しyeahが散りばめられている

 

『Word!』

作詞 Jam/作曲 Patrick J.Que Smith
1stアルバム『D-ROCK with U』に収録
「イェーア」で始まり「イェアリッスン」
特に高音にはまだあどけなさがあり、「三浦ダイチです!」って感じの歌声だが、「イェア」の部分は既に完全に「DAICHI MIURAです イェア」になってる

 

『Inside Your Head』

作詞・作曲 Nao'ymt
6thシングル。
イントロに「イェー」あり。途中で「イエッエーエ」
正直あんまりイェー率は高くないが個人的に好きなので入れてしまった。イントロとリズムと息が切れそうなサビがやみつきになる。ベイベープレイリスト作っていれた方がいいかもしれない

 

『Crazy』

作詞 Daichi Miura/作曲 Daichi Miura、UTA
2ndアルバム『Who's The Man』収録。
中盤にはNo yeahだが、「イェーア」で始まり「ヒイェーア」で終わる。
クレイズィクレイズィクレイズィー

 

『Black Hole』


作詞・作曲 Nao'ymt
3rdアルバム『D.M.』
「ヒイェーア…」で始まる。もはや息。
この曲の浮遊感が好き。罪なNao'ymt。夕べ飲みすぎたせいでもないみたいだ………

 

『Your Love feat.KREVA


作詞・作曲 Nao'ymt/ラップ KREVA
ダイチ(ダイチ…), ymt(ymt…) and it's me Dr.K~~!
7thシングル、KREVAとのコラボ曲。
冒頭にYeah、途中でも聞ける。ついでに「フゥォー♪」も聞ける。

 

『Touch me』

作詞・作曲 Nao'ymt
イェーア、タッチミ アッア! ヒイェーア ダ・イ・チ、レッツゴー
3rdアルバム『D.M.』収録
タッチミタッチミタッタッタタッタチミ タッチミタッチミタッタッチタッチミ耳がゲシュタルト崩壊起こす ドゥユワナタッチ
「イェア」「イェーーーイェイ」だけでなく吐息みたいな「カモーン」も聞けるタッチミタッチミタッタッチタッチミ ヒェーア
イェーアジャストビートステーップ…

 

『Wanna Give It To You』


作詞 AKIRA/作曲 ADAM KAPIT、Jon Andre Gordon、Michael Aaron Gordon
17枚目シングル「Unlock」カップリング曲。
ベビ セイ イェー イェー ア~
そもそも「全てyeah」という歌詞がある時点で完全にyeahソング認定
不穏な電子音から始まるのに、ポジティブな歌詞と共に解放に向かう感じが好き。癖になる。
ついでにA面のUnlockもシリアスなメロディなのに、「閉じ籠らず自分の殻を破って自分らしく」という歌詞で自信をくれるから好き。

 

『MAKE US DO』

作詞 MOMO"mocha"N. /作曲 BACHILOGIC, Claude Kelly
5thアルバム『FEVER』収録
冒頭の「アッ ヒイェア ベイベー」セクスィー。
サビは低めでほぼ強い息のヒィエア!ヒィエア!の応酬
サビ以外にも低めのヒィエア!イェアーが散りばめられておりメロディよりヒィェア中心で聞いてしまう始末
できるソマッチユネバニュークッドュ イェア
これもイントロから好き

 

『Breathless』

作詞 Daichi Miura/作曲 Alexander Holmgren, Coach & Sendo
23枚目シングル『Be Myself』カップリング曲
息の仕方思い出せなくなってオーイェー…してる
A面の弾けるような雰囲気とは違ってじっとり、湿気を含んだセクシーさがある よいシングル盤

 

『Chocolate』


作詞 MOMO"mocha"N./作曲 B.Hazlegrove・M.Gill・C.Hugo
4thアルバム『The Entertainer』収録
こんな時間に良くない~ライクチョーコレッ…まるでアイムァチョコレッ イェーー…
優しすぎるイェー……… まあ僕はかまわない…
じっとり枠 まるで我が耳チョコレッ イェア…になる。耳が溶ける。

 

『Elevater』


作詞 Daichi Miura・SUNNY・Chrishan・Kyle Christopher Coleman/作曲 UTA・Chrishan・Kyle Christopher Coleman
ドンストップトップマイエレベタ エレベタ イェア エレベタイェア
4thアルバム『The Entertainer』収録
「イェー」「オーイェー」等 さりげなくイェアが散りばめられてるのでYeah目線からの聞き応えもあり
サビの「アア~↑イヤ~アア~↓」がめちゃくちゃ好きなのだがこれもyeahに入る?
ユマイユマイエレベタ エレベタ… エレベタ…

 

イェア………

 
open.spotify.com

Wanna Give It To You

Wanna Give It To You

  • provided courtesy of iTunes
Touch Me

Touch Me

  • provided courtesy of iTunes
MAKE US DO

MAKE US DO

  • provided courtesy of iTunes

 

peing.net

 

清水音泉でyeah「KSR for OSAKA~清水音泉ぶっとばされる?」

☆書きかけで放置していた間に『OTODAMA'18-'19~音泉魂~』の開催が発表されていた!!おめでとうありがとう!
という事で責任もって放置していた分を無理矢理書き終わらせたが、グダグタで中身がないものに仕上がった

【出演】
サンボマスター/レキシ/キュウソネコカミ
*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・
公演日時
2019年4月9日(土)17:00~
@ZeppOsaka bayside
*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・
清水音泉さんが大変らしいので開催されたライブ。

昨年の晩夏、音泉魂'18の中止はわたしも泣きましたよ。音泉魂(以下オトダマ)自体が楽しみだったし、出演者もレキシ、Suchmosスカパラ、OKAMOTO'S、CHAI…など…など…
うわ観たいんですけど。改めて未練、台風憎し。

水害・土砂崩れ等に縁がない土地で暮らしていたため、台風は「規模によっては甚大な被害をもたらす災害ではあるが、ついでに学校を休みにしてくれちゃう」くらいの存在だった。
その認識は間違いであったと去年知る。
帰宅難民になり、翌日帰宅しても停電で真っ暗。
そして…泉大津フェニックスのオトダマステージを破壊。
許さねぇ台風!…何号だったか忘れたが。
「台風来るけど、オトダマとは被ってない!ヨッシャ~!」って思ってたのに、(ラッシュボールでも数週間前に見た)オトダマのステージらしきものが破壊されてる姿がニュース映像に写り込んでいた。許さねぇ台風!…

我々は悲嘆に暮れたが、主催者である清水音泉さんはそれ以上に落胆したことでしょう。後日グッズを注文して、そこに同封されていたパンフレットを見ても、特に今年は例年とはちょっとテイストの違うオシャレなコンセプトだったようで、力が入っていたのだと思料した。

清水音泉(しみずおんせん)さんとはライブプロモーションをする会社で、同じくプロモーターであるサウンドクリエイターから独立してできた小さな会社である。野外フェス『OTODAMA~音泉魂~』の主催などもしている。
主に関西中心のライブ運営をしていて、関西のラジオ(主にFM802)を聞いているとよくこの名前を聞くと思う。
個性的な会社で、公式サイトも面白い。
www.shimizuonsen.com
今回のMCをしていたFM802のDJ中島ヒロトさんが過去にブログで清水音泉さんを説明していた記事もあった。
news.yahoo.co.jp

そんなこんなで、大変だった(っぽい)清水音泉さん救済のためにキュウソネコカミ(K)、サンボマスター(S)、レキシ(R)が立ち上がり行われたライブイベントがKSR for OSAKAである。
発表されてすぐ同行者に連絡し、チケットを申 し込んだ。ちなみに先行だけで完売して一般はなかったのでラッキーだった。

ライブ中は結構嫌なこととか腹立つこととかあったが。
ライブハウスとかフェスってだいたい体と精神の殴りあいがあるが、今回はまあまあやばかった、が、それはおいといて………

サンボマスター

サンボマスターのライブは初めて観た。
簡単に言えば宗教。ズドン!ズドン!ってメッセージを伝えてくる。熱く語る言葉は強く、あまりに強いので初めは「説教されてるのか?」という気分になるが、言葉がグサグサ刺さるにつれて、勇気に変わる。説教じゃなくて『説法』。瀬戸内寂聴か?

数日前に音楽プロデューサーの松原さんのことがありサンボの山口さんも相当参っていた様子で、全編“松原(さん)に捧ぐ”という感じだった。

「お前らは何の役にも立てないとか、そういう風に思ってるかもしれないけど、ここにきて俺たちの役に立っている」
っていう言葉が心に残った。
山口さんは基本的に“教祖”で瀬戸内寂聴だったが、後ろを向いてお水を摂取してる時の丸い背中は普通のおじさんで安心した。

レキシ

自分がCMに出てるからってファブリーズをシュッシュしながら登場。「順番に回してって~」って客席に渡してたが最終どこ行ったか不明。
いつもの、一曲やっては「レキシでした~!」退場芸めっちゃすき。
そしてライブハウスで浴びるレキシは、最高。キラキラ武士のフィーバー度もすごかったな。

GOEMONのイントロで、「えっ?くる?くる?くる?………こね~!三浦大知はこねー!!」って一人で煽る。
来るわけないだろわかっとるわ~!期待もしてないわ~!こんなとこ来たらびっくりするわ。

そういえば会場で安定の稲穂が販売されていた。ライブハウスでグチャグチャになるのを懸念したから持っていかなかったのだが、その一方で「ク~ッ、持参してマウントとれば良かった~」などと思ったりもした。結果はなくて正解だったが。ボロボロになる。
池ちゃんが「サンボのとき、誰か我慢できなくて稲穂ちょっと振ってただろ!モニターで見てた!ひやひやした!」って言ってたのも笑った。

稲穂はもはや俺の臓器、その通りですね(次のキュウソをいじってあげるの優しい)。

キュウソネコカミ

池ちゃん(レキシ)が出て来て説教。米米米米が稲穂、推しのいる生活MVが歴史に関連してるから許可とれ!という理不尽なお怒りで正座させられるキュウソメンバー。ツッコミやってるヤマサキセイヤさん、普通に芸人である。
KMTR645はもちろんやる。このために645Tシャツ着ていった。
tomoshka.hateblo.jp
3ヶ月連続キュッキュッキュしたからもうしばらく生きていける…。ホエールライドオンも無事舞っていた。

INTEX(インテックス) リルホエールライドオン 152×114cm 58523 [日本正規品]

INTEX(インテックス) リルホエールライドオン 152×114cm 58523 [日本正規品]

清水音泉でyeah--!したり、ビっビビっビビっビビったり、米米米米したり、ヤンキー怖がって40代で死にたがったりして楽しかった。the bandもよかった。ギリ昭和でありがとう平成もできた。最後のソゴウさんのドラムで思わず合掌したし。
この記事も平成最後の記事になりそうだし。それもどうなのか。

完全に余談だが、帰りに「キュウソネコカミってさ~、楽しいけど歌詞は何言ってるかわからん」っていう声を聞いた。
勿体ないです、アナタ。歌詞を見てください。歌詞を、読んでください。歌詞を、味わってください。確かに聞き取りにくいかも知れない。だが、歌詞を文字で味わってから再度聞いてください。その歌詞はあなたの体内に取り込まれ、血となり骨となる………
とにかく、ヤマサキセイヤの歌詞は天才なので。レキシでした~!

最後の仮装大会(世界各国からのゲスト)

池ちゃん(レキシ)の土屋太鳳は土屋太鳳じゃないし、普通にチアガールの格好したおじさんだけどかわいかった…仕草とか…やばいかな。

だがそれを超えるくらいかわいかったのが、カワクボタクロウさん(キュウソ)のキキだったんですが。サイズ感もかわいいし、脚もきれいだし、ちょっとツンツンしてそうな感じがかわいかったですね。写真でみてもかわいいですね。

セイヤさんのひょっこりはんも、ヨコタさん(キュウソ)の四星球まさやんも本物出てきたんかと思ったが。頑張ったで賞。(近藤さん(サンボ)の薬師寺天膳はバジリスクわからんから似てるかどうかもわからんかった)
ヨコタさん、手作りの小道具すごい。

ソゴウタイスケさんの腕

茂じいになったオカザワさん(キュウソ)がギターボーカル、カワクボキキがベースの、サンボマスター『できっこないをやらなくちゃ』サプライズが時結構熱かったんだが、その横でずっと特に歌わず立川談志のモノマネし続ける本家(山口さん)。カオス空間。

アヴリルラヴィーンのソゴウさん(キュウソ)がドラムを叩いている姿が神聖だった。誤字ではありません。新鮮ではなく神聖です。アヴリルから結構逞しい腕が見えて神聖でした。さすがドラマー。優しそうな顔してるのに。また合掌してしまいました。

最後の仮装登場で学祭みたいになったけど、オカザワさんの熱唱で締まった…?
珍しいイベントだったので行けてよかった。
f:id:tomoshka:20190430182241j:plain
因みに痩せたガリガリガリクソンを拝見したけど痩せても中身はガリガリガリクソンだった。

ちゃんとした公式のレポ

spice.eplus.jp

三浦大知を浴びた衝撃『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2018-2019 ONE END』

『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2018-2019 ONE END』感想

※ネタバレあり

*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・

参加日時
2019年3月13日(水)18:30~★ツアー最終日

大阪城ホール

f:id:tomoshka:20190314213801j:plain

*・*・:::・*・*:::・*・*:::・*・*:::・*・

「スゴ・・・ヤバい・・・芸術なのですが・・・」

この言葉しか出てこなかった。

三浦大知さんの「色んな感情を歌やダンスで表現する力」を浴びた後に実感する、この自分の語彙力と表現力のなさ。泣いたね。

何がどう凄いかは信頼できるブロガーさんが残してくれてるので、この方の記事を読んでください。

sinario19.com

きっかけはWOWOWで放送されていたBEST HIT TOURと(RE)PLAYツアーで、「これスッゴイけど、生で見たらどうなるんだろう・・・?」という好奇心からチケットを入手したのだった。

曲は有名どころ(『EXCITE』とか『(RE)PLAY』とか最近のものとか)は気に入ってよく聞いていたが、あくまでニワカミーハーだったわたしなので「こんなわたしが行ってもいいのか・・・?怒られないか(誰に?)?」と若干ビビッていた。

結論は行ってよすぎた。むしろ「ちょっと知ってるけど~」とか「なんかちょっと興味あるんだけど~」って人は絶対行ったほうがいい。最高なので。

 

音楽の擬人化、ジャンルそのもの

生のステージを見たら、「とにかくダンスがめっちゃスゴい!感動!」って感想が主になると思ってたけど、ダンス以上に歌が凄すぎたことが衝撃

勿論ダンスもめちゃくちゃ凄かったし、歌が上質なことは前からわかってたことなんだけど、生で聞く歌声の迫力、4DX

三浦大知さんの歌声って最強ヒーリングボイスだと思ってるのですが、そのヒーリングボイスが全力で放たれて押し寄せてくるのは、生じゃないとわからん。ダンスナンバーも、バラードも。

(ちなみに動いててもまっすぐ聞こえてくる歌が信じられなさすぎて「ほんとに生か!?」って疑い始めてしまったけど歌詞飛んでるとこあったのでやっぱ生声だった。)

『Anchor』の最後、マイクをどんどん下げて、腰あたり通り越してってて、実質生声だった。「ここ、大阪城ホールなのですけど…聞こえる…声量どんなやねん!!」って心の中で叫んだ。

あと時々吐息をきかせてくる。『Can You See Our Flag Wavin'In The Sky?』のスタンドマイクパフォーマンスの時の「ハァ~…」とか確信犯すぎて、セクシー罪現行犯逮捕(?)。

この人は、楽器の一つとして声を放って、表現道具の一つとして身体を使ってるんだろうなと思った。音楽の擬人化、ジャンル三浦大知

 

 かっこよすぎる演出

演出も超かっこいい。360度ステージなのだが、囲む照明、上がるステージ、スモークすべてが音楽と連動していてきれいだった。

登場シーンもクールだった。ステージを囲むように垂れ幕がかかっていて、≪静≫なイントロの『Be Myself』から始まる。

その中にご本人が登場しパフォーマンスするのだが、垂れ幕で隙間からしか見えない。それだけでも神秘だし、垂れ幕をスクリーンとして姿がアップで映しだされ、「いる!!」って会場が湧く。そして垂れ幕が降り、ついに観客が三浦大知を召喚してしまう。このオープニングだけでも「クゥ~!ヤバいとこ来ちゃったな^^」と思った。

それから、わたしはダンスのことについてはそれほど詳しくはないのでなんとなくなだが、ダンサーが「バックダンサー」ではないと感じた。ご本人もダンサーも演出の重要な一部なのだ。仲がよさそうなのもよい。いきいきしている。

そんなダンサーと一体となって魅せる『Black Hole』生「無音ダンス」は靴のキュッキュッって音(テニミュのOPに出てくるみたいなあの音)も細かく聞こえて圧巻でした。

 

とにかく謙虚。

観客にも感謝するし、最後のメンバー紹介でバンド、ダンサー、そしてステージ下のスタッフにも丁寧に感謝する。

トーク優しい癒しのさわやかお兄さん。バラード前の静かな準備タイムの時にちびっ子が「だいち~」って言い始めて(かわいい)、それにつられた他のちびっ子たちも「だいち~」「だいち~」と声をかけ始めたのだが、姿を見せた三浦大知さんの「大知で~す」の優しさ、パパ。

ステージはカリスマ的なのにそれを見せつけない。椎名林檎みたいな、カリスマ性を存分に見せつけてくる演出もめちゃくちゃかっこよくて大好きなのだが、三浦大知はまた違った魅力がある。カリスマなのに距離が近い。

「こんなこともできますよ」「こんな感じでやったらかっこいいと思うんですけど」「どうですか?」という印象、とんでもなく凄いことをしているのに。限界に挑戦しながらそれを楽しんでいらっしゃるのを我々が拝見している感じ。そんなステージ。しかもそれが楽しい。最高では?

 

星野源の『アイデア』カバー

PVの振付を担当したことをきっかけに、このツアーでカバーすることにしたらしい。

至福すぎ。音源化してほしい。「『アイデア』、こんなにもいい曲だったんだな」って思わせてくれる。「三浦大知の歌」にしてしまうんだけど、しっかり本家リスペクトを感じるのは、この人のカバーソングの特徴だと思う。椎名林檎の『すべりだい』、ドリカムの『未来予想図Ⅱ』とかを聞いていてもそう思う。曲の良さを再確認させてくれる。

『アイデア』のPVを再現させているようなところもよかった。弾き語りみたいになるシーンとか、例の振り付けたダンスをご本人で踊るとか。

あと、DJブースみたいなところで歌いながらPCで演奏(サカナクションみたいな)もピコピコしていたのが面白かった。画面でアップになる指捌き、クギヅケ。ピコピコとか、バラードでのギター弾き語りとか、本当にこの人なんでもやる。

 

本当に行ってみてよかった。たぶん次もあったら行くだろうし、円盤も買っちゃうと思う。興味があるひとは映像でもいいからまず見てみてほしい。そしたら、「ライブ行っちゃおうかな?」ってなるから。たぶん。

 

 

youtu.be

 

 

おまけ、セットリスト

予習しまくっていったから、全部好きな歌だった。『球体』収録曲もあり、ノれるし、しっとりもできるし、アートも感じられるラインナップ。体感30分。

rollingstonejapan.com

【「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2018-2019 ONE END」セットリスト】

~OPENING SE~

  1. Be Myself
  2. Unlock
  3. 硝子壜
  4. Inside Your Head
  5. (RE)PLAY
  6. Perfect Day Off
  7. FEVER
  8. Can You See Our Flag Wavin’ In The Sky?
  9. Breathless
  10. ふれあうだけで ~Always with you~
  11. 世界
  12. カヴァーコーナー
  13. DIVE!
  14. Cry & Fight
  15. 飛行船
  16. Black Hole
  17. Blizzard
  18. EXCITE
  19. music
  20. Darkest Before Dawn

~ENCORE~

EN1. Anchor

EN2. Touch Me

 レポとか

www.billboard-japan.com

rockinon.com

 

f:id:tomoshka:20190314213805j:plain
f:id:tomoshka:20190314213821j:plain
f:id:tomoshka:20190314213826j:plain

 お気軽に感想 匿名で聞けちゃう!ともしゅかさんの質問箱です | Peing -質問箱-